計算機で計算する医師

わきが治療というのはさまざまな種類があります。

治療の内容や治療を受ける場所によって保険適用の場合もあれば自由診療の場合もあります。

この二つはどちらが良いとは言えないものがあります。どちらにもデメリットもメリットもあります。

治療によっては自由診療しか受けられない場合もあります。

【人気記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!

どのわきが治療なら保険適用の診察が出来るのか

わきが治療で脇の下を4センチ程切開して肌を裏返して直接目で見て一つずつアポクリン腺を除去していく手術があります。

この手術は保険適用でも自由診療でも行われていますが、自由診療の場合は20万円から30万円ほどかかりますが、保険適用の手術の場合は5万円程度になります。

保険適用となると金額面では大きなメリットがありますね。保険が適用されるためにはいくつかの条件が必要になってきます。

皮膚科などの医療機関では保険適用の治療を行っていますが美容外科などでは一切保険適用での治療は行っていない場合もあります。

わきがの治療が美容性が高いものと判断されると保険が適用されないケースもあります。

保険適用のわきが治療とは?

わきが治療で保険適用にされる時は、自由診療か保険適用なのかの判断は医師が決定します。

わきがというのは臭いの症状なので数値などでの判断はできません。なので医師によてということになってしまいます。

この判断方法は、治療をするほどのワキガなのかということになるかと思います。

脇に数分はさんだガーゼの臭いを医師やその病院のスタッフがチェックして決めていくことが一般的です。

なぜ色々な人が臭いをチェックするのかと言うと、一人の判断では患者が信用しないことがあるからです。

ただ、このガーゼの判断方法には欠点があるのです。

それは、この時のわきがの臭いしかチェックができないということです。人によっては普段のわきがの臭いがもっと強いことだってあるはずです。

保険適用で治療がしたくて、わきがの症状が重い場合は、わきがの臭いのついた衣服などを持参すると説得力があるのかもしれません。

わきがの臭いのタイプでも変わる

わきがの臭いにはタイプがあって、臭いの種類が異なります。

よく言う、鉛筆の芯のような臭いというわきがのタイプは、臭いが広まって物にも移りやすいことが特徴です。本人がいなくてもわきがの残り香があるということもあります。

ここまでわきがの臭いが強くなてくると自由診療ではなくて保険適用という判断をされることが多くなります。タマネギやネギの腐ったような臭いがするわきがの臭いもありますね。

このような臭いは、臭い自体は強いけれどわきがの臭いが部屋に残ったりとかは以外としないようです。

そんなネギの臭いのようなわきがのタイプの人は、わきが治療を受ける際にはわきがが原因で黄ばみが起きてしまっている洋服などを持参すると保険適用になることもあるんだそうです。

わきがの臭いを医師に示すためには、そのわきが治療の瞬間だけではなくて証明できるものは持参したほうが良いということですね。

わきがの手術方法

現在、わきが治療で保険適用の手術は剪除法です。ボトックス注射も保険が適用されるケースがあるそうです。

剪除法は効果の高い手術ですが、手術のあとが大きく残ります。術後はしばらくの間、腕を上げたりなどの普通の生活は出来ません。

美容外科などで行われるわきが治療の手術方法はたくさんあります。

傷跡が残らず、ダウンタイムが短いわきが治療はたくさんあります。しかしそれらは、保険適用の診療ではなくて自由診療となります。

保険診療と自由診療

保険診療の良いところと言えば、金銭面の負担が小さくなるということです。

治療費が安くなるということですね。しかしデメリットとして選択肢が少ないということが上げられます。自由診療のデメリットは価格が高いことです。

しかし選択肢が多くて、自分のわきがの症状と度合いにあう治療を受けていくことができます。

手術などのわきが治療は、症状が再発してしまったりや効果があらわれないということもあります。

自由診療の場合はそんなときのためのアフターケアがある場合もありますが、保険適用の場合は何も対処法はありません。

保険診療と自由診療は良いところもあれば悪いところもあるということですね。

【体験談】女性におすすめ!わきが・体臭&脇汗対策グッズを紹介

【人気記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!