女性の素足

デリケートゾーンの臭いが気になるという人は口にできないだけで、実はたくさんいるのかもしれません。

すそわきがというのは陰部から独特な臭いがする症状です。

なかなか人に打明けることができない女性の悩みだと思います。すそわきががあることで人間関係が上手くいかなかったり、恋愛も上手くいかなかったりする場合があります。

パートナーから臭いを指摘されてショックを受けてしまう人も少なくはありません。

この厄介なすそわきがの治療の方法というのはないのでしょうか?どうにかこの臭いを抑えることはできないのでしょうか。

>>すそわきが専用のクリームならクリアネオ!詳細はコチラから

すそわきがとは?

そもそも「すそわきが」というものは、ただ陰部から臭いがすることだと思っている人は多いのかもしれません。しかし、臭いがするだけというのはすそわきがではないのです。

すそわきがというのはアポクリン腺という汗腺が影響する症状です。アポクリン腺は陰部の他に脇下、乳首、耳の中などに存在する特殊な汗腺です。

アポクリン腺から分泌される汗が皮脂と混ざり合って、皮膚の常在菌に分解されることによって臭いが発生されます。

これが原因の臭いで陰部のものを「すそわきが」脇下を「ワキガ」乳首が「チチガ」と呼ばれています。全てが同じ原因で起こる臭いの症状です。

すそわきがのセルフケア

すそわきがの人の特徴はアポクリン腺が多い体質であるということから、耳あかが湿っていて粘り気があるという事が多いです。耳の中にもアポクリン腺が存在していることが関係しています。

そして陰部にもアポクリン腺が多いことから下着が黄色く汚れてしまうことがあるのもすそわきがの特徴です。

治療までいかなくても自分でもできる手軽なすそわきがのセルフケアは、陰部を清潔に保つことです。ゴシゴシただ洗うだけではなくて、デリケートゾーン専用の石鹸で泡をたてて優しく洗います。

汗をかいたときなどは、なるべくこまめにシャワーを浴びるなどして洗い流すことがおすすめです。

そして、出来れば陰部の毛は処理していた方が臭いは強くなりませんし、すそわきがの部分を清潔に保つことができます。すそわきがは食生活も影響します。

脂質や動物性タンパク質の摂取しすぎは臭いを強くしてしまいます。食べ過ぎないように気をつけましょう。

すそわきがの治療

すそわきがの治療はアポクリン腺の汗を抑えたり、アポクリン腺自体を除去するという方法があります。

すそわきがの治療というのはデリケートゾーンなので難しいところがありますし、実際に受ける側としては怖いですよね。手術による治療となると傷跡が残ったりもすることがあります。

すそわきがの治療にはボトックス注射をするという選択肢もあります。しかし、ボトックスでの治療は一回が高額なのに効果の持続は3ヶ月から半年くらいという短いものです。

効果を持続する為には定期的にボトックス注射の治療を受けなくてはならないので維持費は高額になります。

すそわきが専用のクリームでの対策がおすすめ

病院で手術をするなどの治療ではなくて、すそわきが用のクリームを塗る事で臭いを抑えることもできます。

すそわきがに使えるクリームというのはワキガにも使えることが多いのですが、ワキガのクリームが何でもすそわきがに使えるというわけではありません。

デリケートゾーンに使うことのできるクリームというのは無添加、無着色の肌に優しいものでないとなりません。

メスを使う治療に抵抗がある人や、そもそも病院やクリニックなどの受診をなるべくしたくないという人は試してみると良いと思います。

でも、やっぱりクリームも効かない・・・という人は、最近では「メスを使わないすそわきがの治療」というのがあるクリニックが増えてきていますので、クリームなどでも対処できない場合は一度相談をしに言ってみるのが良いですね。

>>すそわきが専用のクリームならクリアネオ!詳細はコチラから