たくさんの漂白剤

わきがの人の悩みとして着ていた服や下着にわきがの臭いがうつってしまうことがあるということです。

しかも、この臭いって普通に選択しただけでは取れないことが多いのです。

そんなときにどうしたら良いのかというと漂白剤を使うのです。

わきがの臭いを取り除くなら漂白剤が効果的!

わきがの臭いもそうなのですが、体臭やペットの臭いなども洗濯をする際に漂白剤を使うことで簡単に落とすことができます。

漂白剤って、色落ちしてしまったりなど白くするイメージなどがあると思いますが、除菌をして消臭するという役割で使用されることも多いのです。

漂白剤には種類があって、酸素系漂白剤と塩素・還元漂白剤があります。使用するのは酸素系洗濯剤です。

普通に洗濯できる服には粉末の酸素系漂白剤を使用して、ドライマークがついている服にはドライマーク専用洗剤や液体酸素漂白剤を使用します。

漂白剤の使い分け

真っ白な服であれば、塩素系の漂白剤でも大丈夫ですが、色物が含まれていたり、染色による白だったりする場合は酸素系漂白剤を使いましょう。服が色落ちしてしまいますからね。

漂白剤を普通に使ってもわきがの臭いが落ちないときは、使っている水の温度を上げてつけ置きしてみてください。

そのときに放置している間に差し湯などをしてお湯の温度が下がらないようにしましょう。すると漂白剤の効果が強くなるのです。

わきがによる服の黄ばみ対策ならこうする!

わきがの汗というのは洋服に黄色い汗ジミをつくります。この黄色いシミってなかなか落ちないものなのです。

そんなときは重曹を使います。重曹は炭酸水素ナトリウムというアルカリ性の料理などでも使われる食べられる物質です。

重曹には漂白効果があるのです。使い方は洗面器などに重曹水を作ってはって、そこにわきがで汚れてしまった服をいれて一晩つけておきます。その後、普通に洗濯します。

これに漂白剤も組み合わせるとより高い効果があらわれます。

このときに使う漂白剤は液体酸素系漂白剤です。塩素系ではなくて酸素系です。重曹1、液体酸素系漂白剤1の割合でよく混ぜます。

このときに炭酸ガスが出るのでペットボトルなどにいれて混ぜると破裂する恐れがあるので使ってはいけません。

重曹と液体酸素系漂白剤を混ぜ合わせた漂白液ができたら黄ばんでいる部分に塗ってスチームアイロンをかけます。

漂白剤の効果が一番発揮される理想的な温度は40~50度です。そうしたらよくすすいで普通に洗濯しましょう。

洗剤もアルカリ性にする

洗濯で使用する洗剤もアルカリ性を使うことがおすすめです。

しっかりと表記してあるので購入するときはよく見てみましょう。液体洗剤は殺菌作用が高いものがアルカリ性洗剤となっています。

一般的に粉末洗剤のほとんどがアルカリ性となっています。わきがの汚れを綺麗に洗い落とすにはアルカリ性の洗剤がおすすめということです。

酸素系の漂白剤とアルカリ性の洗濯洗剤を混ぜるということについては、こちらもご参考下さい。

混ぜても構いません。洗浄効果は、洗剤のみの場合よりも、やや上回ります(激的な変化が出るほどではないが、多少は上がる)。特に目立つシミも黄ばみも臭いもないが、洗剤で洗っただけだと何となく洗い上がりに不満があるようならば、洗剤+酸素系漂白剤という使用方法を取るとよいです。あるいは、洗濯物を部屋干しする際に、臭いがなるべく出にくいように、予防的に加えるという方法も、それだけで全ての問題が解決する訳ではないが、一応ありですね。用もないのに、毎回毎回お決まりのように入れる必要は、特にない。洗剤だけで不満があるなら、オプションとして加えても良いです。

但し、酸素系漂白剤で弱酸性というのは液体タイプですが、このタイプは粉末タイプの酸素系漂白剤よりもかなり効果が弱いです。液体タイプの酸素系漂白剤は、主にウールや絹など、粉末タイプの酸素系漂白剤が使用できない動物性繊維を含む物のみに使用し、動物性繊維を含まない物には粉末タイプを、40~50℃くらいのお湯で溶かして使用した方が、よりコスパがよいです。

それと、洗剤で洗っても落ちないようなシミができた時や、かなりキツイ臭いが付いてしまった場合は、「洗剤と一緒に漂白剤も入れて洗う」という方法では、シミも臭いも落ちません。シミや全体的な黄ばみを落としたい時は、洗剤で洗って濯いだ後で、50℃程度のお湯に漂白剤を「しみ抜き」の分量目安だけとkして、1,2時間浸け置きするという方法を取ります。出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

服につく前のケアも必要

わきがの汗というのは何もケアをしていなければ当然服についてしまいます。

そもそも服につかないよういな工夫も必要なのだと思います。簡単なのは脇汗パットを使って服に汗ジミができないように予防をしていきましょう。最近ではさまざまな種類の脇汗パットがあります。

肌に直接はるタイプというのもあります。そして脇汗パットと一緒に使っていきたいのがデオドラントクリームです。ただ脇汗パットで汗を吸わせているだけだと、雑菌が繁殖して臭いが出てきます。

わきがは汗を抑えて皮膚の雑菌を繁殖させないようにすることで臭いを防ぐことができます。

わきが用のデオドラントクリームは一般の制汗剤よりも殺菌効果も制汗効果も強力になっています。

デオドラントクリームでわきがを予防して、汗がつかないように脇汗パットで服を守って、それでもついてしまったわきがの汚れは漂白剤で落としていきましょう。

【注目記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!

【人気記事】わきがは外出時に注意!こっそりできる6つの予防法とは?