マスクをしている医師

わきがの症状をもっている人はどうにかして、わきがそのものを完治させたいと思っている人がほとんどなのではないでしょうか。

それが簡単なことではないからこそ、そうしないのではないでしょうか。

わきがの対策方法や治療方法というのはたくさんあります。

しかし、それはわきがを治しているのではなくてわきがの臭いを抑えているのです。

わきがを治すためにはアポクリン腺を除去しなければなりません。手術跡残さずに治療する方法はあるのでしょうか。

わきがの手術による後遺症とは?!

わきがの原因となるアポクリン腺を除去する手術はあります。

一番効果が高いとされている手術は脇の下を5センチほど切開して皮膚を裏返して、直接目で見てアポクリン腺を確認しながら取り除いていく方法です。

この手術の方法はわきがを治せる可能性は一番高いけれど手術跡が残ってしまいます。

数ミリの穴をあけるだけで済む手術跡が残らない手術の方法もありますが、直接目で見てアポクリン腺を取っていないのでアポクリン腺の取り残しが起きることもあるので効果がそれほど高くあらわれないこともあります。

手術跡以外でも手術後に起こる問題はいくつかあります。

手術跡

切開した部分が手術跡として残ります。切開をする手術の場合は術後の回復が遅いです。

術後は患部をガーゼなどで圧迫します。しばらく腕を上げることはできません。

わきがの臭い

手術をしてもわきがの臭いを取り除けないことがあります。

重度のわきがの場合、アポクリン腺を十分に取り除けない場合があります。

子供の成長過程でのわきがの手術は、発達しきっていないアポクリン腺を取り残してしまう場合があります。

術後臭

わきが手術のあとに、脇以外の頭や背中や首などからわきが以外の体臭が強くなったという話があります。

これが困ったことなのですが、医学的に認められていることではないので治療は受けられないんだそうです。

代償性発汗

わきがの手術はアポクリン腺だけではなくて汗腺そのものを取り除くものもあります。

そのため、本来脇汗として出るはずだった汗が他の身体の部位から出るようになり汗が増えます。手汗や足汗が異常に増えることがあります。

色素沈着

わきが手術をすることで手術跡とは別に黒ずみが目立つようになることがあります。

脇毛

わきがの手術によってアポクリンを取り除くと毛根も一緒に取り除かれて脇毛が薄くなることがあります。

女性からしてみれば嬉しい事ですが、男性の場合は気になってしまう人もいるのだと思います。

手術跡が残らない治療法

わきがの手術跡が残らない治療法は、軽度のわきがであれば薬物治療があります。

ただしこれはわきがを治すものではなくて抑えるものです。そして治療になるとボトックス注射もあります。

これも治すのではなくてわきがを抑えるものです。手術となると美容外科などでいくつか手術跡が残らない、目立たない手術が行われています、各病院やクリニックなどで治療は異なります。

手術跡が残らないわきがの手術は自分の症状にしっかりとあったものを選択しないと効果があらわれないこともあります。

担当医とよく相談をして治療を進めていきましょう。手術跡が残る切開する手術を受ける場合は経験をつんでいる信頼できる医師に手術をしてもらうほうが手術跡についても気を使ってもらえると思います。

手術跡を作りたくない人は

手術跡を作りたくない人は美容外科などでメスを使わない治療を受けるか、治すのではなくてわきがを抑える対策をしていくかになります。

最近ではわきがに効果的なデオドラントクリームはたくさん発売されています。

こういうものを試してみてどのくらいの効果が現れるのかを知っておくのも良いのだと思います。

【注目記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!

【人気記事】わきがはアルコールで消毒すると消臭できる?!