タバコを吸う男性

近年、昔と比べるとタバコの扱いと喫煙者の扱いが大きく変わってきているような気がします。

ただし、昔から変わらずわかっていたこともあります。タバコというのは特に良いことがないということです。

タバコはわきがとも関係があるようです。そういわれてみば、喫煙者の人というのは体臭がきつい人が多いのかもしれません。

タバコに含まれるニコチンとわきがの関係

タバコのニコチンとわきがの共通している部分は「汗」です。タバコに含まれるニコチンは注水神経を興奮させるものです。

ニコチンは体温調節にも影響するようで、発汗を促します。

わきがの原因となるのはアポクリン腺からの汗が原因となっていますが、ニコチンはエクリン腺を刺激する作用があるようです。

エクリン腺が活発化されることで、わきがの原因となる汗が変わらないとしても、大量の汗に流される事で臭いが広がってしまします。

そして結局皮膚の雑菌に分解されることによてわきがの臭いが強くなってしまいます。

こういう時には、制汗効果と殺菌効果の強力なデオドラントクリームが効果的です。

わきがの原因を刺激する

タバコを吸うことでわきがの原因となるアポクリン腺も刺激して活発化させることもあります。

ニコチンは交感神経を刺激するものなので、発汗とつながりがあるのは明らかです。わきがの臭いというのは発汗によって臭いの程度が決まってくるのだと思います。

一日のタバコを吸う量が多いほど、わきがへの影響が大きくなっていきます。

1日10本程度の喫煙では、たばこのわきがへの影響はないとされています。タバコはニコチンの量よりも吸う本数が体臭やわきがに影響していると言われています。

タバコと酒はわきが対策にマイナスに働く・・・

タバコを吸うのとセットでお酒を好む人は少なくないです。普段はタバコを吸っていないのに、禁煙しているのにお酒飲むときだけタバコを吸うという人も実際にいます。飲酒をすることというのは、体臭を強くします。

アルコールというのは、元々臭いが強いものです。タバコもそうなのですがアルコールも汗腺を刺激します。

特にわきが体質の人が飲酒をすると急激に臭いが強くなるということがあります。

しかし、タバコも酒もきっぱり止めるというのはどちらも難しいものでもあるんですよね。

正直、タバコは「百害あって一利なし」とも言われるくらいなので止めた方がいいのですが、酒は適度ならば飲んでいても問題はないような気もします。

タバコを止めるという考え方

少しわきがの話とは離れてしまいますが、タバコというのはなかなか止められないものであるということは分かっています。

しかし、最近ではタバコは良いものとしては一切あつかわれていません。一昔前まではテレビでCMとかしていたんですけれどもね。タバコを止めるグッズはドラッグストアなどでも手に入ります。

しかし、喫煙歴の長い人が本格的に禁煙をするとなると無理があるかと思います。近年では医療機関で禁煙治療というのが行われています。タバコがやめたくてもやめられない人は禁煙治療を受けてみるのが良いと思います。

この治療を受けても止めるという意思がしっかりしていないと禁煙はできません。

タバコを吸う事で、体調は悪くなります。肌質も悪くなります。今回の話題のように体臭やわきがの臭いは悪化します。

わきがとタバコの関係で臭いの悩みがある人は、この機会に是非大きな禁煙という決断をしてみることも良いのだと思います。

わきがは身体の状態と密接な関係

わきがの臭いは身体の状態で大きく左右します。体調不良や睡眠不足などでもわきがの臭いは強くなるし、強い臭いの食べ物を摂取しても臭いは悪化します。

タバコの臭いというのはとても強いものです。体内からも外見からも必ず影響があります。

たばことわきがの関係を考えていくことで、禁煙について考える機会もできるのだと思います。

【注目記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!

【人気記事】私ってわきが?!簡単に見分けるセルフチェックの方法!