スーツの下のシャツに汗ジミ

汗をかきやすい暑い時期になってくると特にわきがの臭いは気になりますよね。

それにどちらというと、一人で家にいるときよりも出先でのわきがの臭いの方がとても気になるものです。夏場でなくても冬は厚着をしているせいか汗をたくさんかいて蒸れてしまって強烈な臭いになってしまうこともあります。

わきがの臭いって、人混みの中に入るほど汗をかきたくないと思っているのに汗をかいてしまって臭くなってしまうのです。

こんな外出先で困らないようにわきがの予防法を考えていきましょう。

1.外出先でも脇汗はこまめに拭き取る

わきがの原因となる汗はこまめに拭き取りましょう。1日中そのままにしていて臭くなるのは当たり前です。

脇汗は放っておいて時間がたつほど臭くなります。

洋服などに脇汗がついてしまった場合は脇下を拭くだけではなくて外出時でもどうにか着替えをすることをおすすめします。わきがの予防法になります。

2.長時間の外出なら脇汗パッドを使う

たくさん汗をかくならばわきがに臭い対策もありますが洋服に汗ジミができないようにもするために脇汗パッドを使ってみましょう。脇汗を拭き取るのが一番良いのですが、拭き取れないときもあるかと思います。

洋服にしみたわきがの汗って濡れているときはそんなに臭いがしないけれど、乾いてくると強烈なわきがの臭いになってきます。

わきがはアポクリン腺から出る汗が皮膚の常在菌によって分解されることで臭いが出るので、皮膚に脇汗を放置しているのが一番良くないのです。

使い捨ての脇汗パッドならば、外出先でもトイレに行ったときなどに交換ができるから便利な予防法です。

3.日ごろから食生活に気をつける

わきがの強い臭いの人は食生活に問題がある場合があります。わきがは脂っこいものなどの脂質を多く含む食材や肉類などの動物性たんぱく質の食物を摂取することで悪化させることがあります。

脂質と動物性たんぱくしつのとりすぎは、毎日の日常生活の中で常に気をつけていた方がよいことです。

外出先で外食をするときなどは臭いの強いたべものなどは控えましょう。辛いものや酸っぱいものもわきがの臭いを強くします。

ニンニクを食べたわきがの人はニンニクとわきがの臭いが混ざってとんでもないことになってしまったりすることがありますね。お酒の席などでも気をつけてみましょう。

逆にわきがに良いとされるたべものはアルカリ性食食品です。

梅干しや緑黄色野菜、大豆などです。意識して食事に取り入れてみましょう。

4.制汗剤をつける前にはしっかり○○する!

制汗剤を使用するときは外出先であってもしっかりと脇汗を拭き取ってから使用しましょう。

脇の下を清潔にしてから制汗剤を使うことで効果は発揮されます。汗をかいている状態で制汗剤を使っても、汗に流されてしまったりして効果は現れません。

それに雑菌の繁殖につながるので予防法どころか逆効果になります。

5.適度な運動を取り入れてみる

運動をしていないと全身で汗をかくことができなくなって脇汗の量が増えてしまいます。

新陳代謝も悪くなってしまうのでわきがには良くないですね。適度な運動をすることがわきがの予防法になります。

全身から汗を流すようになることで脇汗の量がへっていきます。

運動をはじめた時は脇汗の臭いがすると思いますが、運動を続けていくと脇汗の臭いが収まっていきます。

6.日ごろからしっかりとお風呂に入る

外出先でのわきがの臭いがしないようにする予防法の一つに、きちんとお風呂に入るという当たり前のことがあります。

シャワーだけで済ませるのもよくありません。わきがの殺菌が残ってしまうことが多いです。

湯船にしっかりとつかって毛穴の奥にたまっている汚れを外に出します。きちんと入浴をしたほうがわきがの臭いはなくなります。

入浴はデットクス効果もあるので1日の疲れをとるためにも必要です。

【注目記事】私ってわきが?!簡単に見分けるセルフチェックの方法!

【人気記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!