シャツに汗ジミが出来ている

わきがというと、きついニオイ、汗、ワキなどという言葉が連想されると思います。

またTシャツ、ジャケット類の黄ばみも気になります。

わきがでない人でも黄ばみはできますので、わきがであればなおさらですね。

洗濯をしても落ちない黄ばみ。そんな悩める方々に原因、ケアまで伝授します!

わきがの黄ばみの原因とは?

そもそもわきがというのは、病気ではありません。誰しもがなる可能性もあるのです。

しかもワキの汗というのは額からでる汗などとは少し違ったニオイがしますよね。

それはワキの汗腺、ワキという特別な熱がこもる場所で通気性が悪いなどという要因もあるためです。

ひどいわきがは、汗をかかなくても普通にしているだけでニオイがするときがあります。

ニオイという雑菌が毛穴、汗腺、毛についてしまっている状態です。また洋服の繊維にまで入り込んでいるという現状です。

ニオイというのはもちろん色が付いているもので無味無臭というのはほとんどが透明です。が黄ばみというのはニオイだけではなくその他体からでる汗、脂なのです。

わきがの黄ばみをなくすには?

黄ばみをなくすには、まずはわきがを治すことが先決です。

が、現状でお悩みであればできるところからやっていきましょう。

わきがの根治を目指す

わきがを治すには、まずは可能であればワキ毛を脱毛してください。汗や脂が毛について余計臭くなり、ニオイがこもるというのもわきがのニオイが強くなってしまう要因です。

自己処理でも構いませんが、なるべくならサロンでの脱毛施術をおすすめします。

毛をなくすだけでもニオイの程度がかなり変わってきます。

毛がもじゃもじゃ有った方が、ニオイが防がれていいのでは?と思う方もいるかもしれませんが逆なのです。

汗や皮脂が毛についてしまって余計にニオイが発せられてしまうのです。

洋服に注意を払う

白などの汚れが目立つ色はなるべく着ない方がおすすめです。

がワイシャツなど色が薄いものはどうしても黄ばみを作りたくありませんし、洗濯を強い洗剤で行ったりごしごしと黄ばみをとるために激しく揉み洗いなどしてしまうと生地を傷めることになってしまいます。

ニオイがついたなと思ったら、その服だけ別にしてニオイをとる洗剤を使って、またはハイターなども使うといいかもしれません。

わきがの黄ばみ対策ケア

わきがの対策、わきがによる黄ばみ対策としておすすめなことがいくつかあります。

1) 汗や脂をきちんとふき取る

暑いと感じなくても汗や脂はでています。トイレにいくタイミング等でウエットティッシュ、抗菌汗シートでワキの汚れを取ります。

もちろん朝起きたら着替える前にケアをします。

2) 汗ワキパット

洋服のワキ縫い目部分に張り付け、汗ジミや黄ばみを防ぐというワキパットがあります。

ノースリーブ、ニットなどにも有効です。クリーニング代の節約にもなりますのでおすすめです。

汗を少しかいたなと思ったらそのパットを確認して、あまりにも汗を吸収しているようであれば取り換えも必要です。

わきが対策なら臭いケアが重要

わきがにならないようにするというのは、少々難しいことで、わきがというのはぼ遺伝のためやむを得ない部分も多々あるのですが、ひどくしないことが大事です。

ニオイというのは自分だけの問題ではありません。

周りの人に対するケアでもあるので、ふき取りやデオドラントを常備するなどしてわきがを出来る限りケアをしていきましょう。

今では消臭、除菌効果のあるデオドラント用品もあり、携帯できる大きさのものなどもあるのでドラッグストアなどのぞいてみてください。

また肌に合う、合わないなどの問題もあるので敏感肌の方は口コミなども参考にしながら探してみてください。

【注目記事】わきがのにおいの特徴や種類とは?汗臭いのとは違う?

【人気記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!