脇の下の臭いを嗅ぐ女性

わきがは普通の汗臭いというのとは違った臭いがします。

わきがの臭いの原因となるのはアポクリン汗腺から分泌される汗が原因となるのですが、そもそも汗自体は無臭なのです。

ですが、わきがのにおいというのは人それぞれで色々な臭いがしますよね。

皆が皆同じ臭いではなくてそれぞれの特徴や種類があるように思えます。

わきがの原因と臭いの特徴・種類とは?

わきがの原因の根本的な原因は汗です。アポクリン腺から分泌される汗が皮脂などと混ざり、肌にいる常在菌によって分解される際に出される臭いがわきがです。

アポクリン腺から分泌される汗の中には脂質やタンパク質、アンモニアなどの成分が入っていて、これが嫌な臭いの原因につながります。人それぞれの生活習慣の違いからわきがに含まれている成分や量は異なります。

なので全てが同じ臭いになるということはあり得ません。わきがに悪い影響のある食生活などをしている人の汗の特徴は強烈な臭いがあることがあります。

わきがの臭いの特徴

わきがの臭いの説明の仕方って色々な言い方があります。よく言われるのは「玉ネギのツーンとした臭さ」とかってよくいいます。

分かるような分からないような気もしますが、実際にわきがの臭いを感じると「これがわきがだ!」と分かると思います。何とも言えない独特な強い臭いがします。

わきがの程度によってにおいの強さは変わってきますが、重度のわきがになってくると離れていてもすぐに分かります。

わきがの臭いの特徴は一概には言い切れませんが、不快な臭いだという事は確かです。

わきがの臭いの種類

わきがの臭いには個人差があります。それぞれで臭いは違うし、感じた側の臭い方にも違いがあります。よく表現されるわきがの臭いの種類を上げていきます。

  • タマネギのツーンとしたにおい
  • 鉛筆の芯のようなにおい
  • 雑巾のようなにおい
  • お酢のような酸っぱいにおい
  • 生乾きの洗濯物のにおい
  • 香辛料のクミンのにおい

などがわきがのにおいの種類でよく言われている物です。

こうみてみると色々な種類があります。個人的には鉛筆の芯のにおいというのはよく分からないような気がします。

きっと、人によってこの感覚はよくわからないということもあるでしょうね。

わきがのにおいは強くなる

わきがのにおいの種類や特徴は生活習慣の違いで異なるとはじめに少し触れましたが、食生活や体調不良が原因でにおいは強くなります。

わきがのにおいが悪化する食生活の特徴は、脂質やタンパク質を多く含む食生活をしていることは大きな原因となります。

もともとわきがのにおいの原因になっているのは、アポクリン腺に含まれる脂質とタンパク質が影響しているわけですから、この種類のものを多く摂取しすぎれば体臭が強くなっていくのは当たり前のことです。

他にも辛い物や酸っぱいものの食べ過ぎや、臭いの強い食材の食べ過ぎなどでわきがの臭いは強くなります。

逆を考えると、わきがに影響する食べ物を控えることでわきがの臭いを抑えることもできるかもしれないということです。

わきがの臭いは汗臭いとは違う種類

わきがのにおいの特徴は汗臭いというのとは違う種類です。

汗臭いというのは酸っぱいような臭いだと思います。人間の汗腺にはアポクリン腺の他にもう一つ汗腺があってエクリン腺という汗腺があります。運動をしたときや体温調節をするときに発汗されるごく一般的な普通の汗です。

この汗も無臭なのですが、拭き取らずに放置しておく事で汗臭さを発生します。わきがのにおいとは明らかに違う種類です。

わきがの臭いの特徴や種類というのは他人の物程、よくわかるものだと思います。

最近では「スメルハラスメント」という言葉もあるくらいですから、わきがの臭い対策はしっかりとしていきましょう。

あまりに強い臭いの場合は医療機関で治療を受けることもできます。

【注目記事】わきが対策にクリームタイプとロールオンタイプどっちが効く?

【人気記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!