脇の下が湿った女性

「わきが」という病気については知っていても、どういったものなのか具体的には知らないという人もいるのではないでしょうか。

知らないことは恥ではありません、知らないままにしておくことが恥なのです。

わきがとはどういう病気なのかについて、改めて説明していきましょう。

わきがとはワキの下が臭う病気?!

汗をかくと臭いが生じるのは誰にでも起きることで、別に病気というわけではありません。

問題は人によっては、鼻をつくような臭いがしてしまうケースがあることです。この臭いは、ワキの下など特定の部位から発生することが分かっており、このうちワキの下から臭いが発生するものをワキガ(腋臭症)といいます。

原因は先天的な体質によるもので、医療機関での治療の際には保険の適用対象にもなっています。

ちなみにコーカソイド(いわゆる白色人種)やネグロイド(いわゆる黒色人種)に接したことがある人は知っているでしょうが、ワキガの臭いは彼らの体臭に酷似しています。

これはコーカソイドやネグロイドはワキガの人がほとんどで「病気」と認識されていないからなのです。モンゴロイド(いわゆる黄色人種)はワキガの人が少ないため、目立ってしまっているという側面もあります。

カギを握っている「アポクリン腺」とは?

では、なぜこのような臭いが生じてしまうのでしょうか。カギを握っているのは汗腺のうち「アポクリン腺」と呼ばれるものです。

汗腺には体温調節の働きを持っているエクリン腺と、性フェロモンのような役割を持っているアポクリン腺の2種類があります。この2種類の汗腺、大きな違いは2つあります。

ひとつはエクリン腺が全身ほぼくまなく分布しているのに対し、アポクリン腺はワキの下やデリケートゾーン、外耳道といった臭いのこもりやすい場所にしか分布していないことです。

これはアポクリン腺がかつて性フェロモンのような働きを持っていたことの名残といっていいでしょう。

そして、分泌される汗も違っています。エクリン腺から分泌される汗の成分は、ほとんどが水分と塩分からなっています。これに対してアポクリン腺から分泌される汗には、脂質やタンパク質などが含まれているのです。

そして、この含まれている脂質やタンパク質が、わきがのカギを握っているのです。

わきがの臭いの原因は細菌の分泌物

ただ、アポクリン腺から分泌される汗は、あくまでもワキガのカギを握っているだけです。

なぜなら、汗そのものには臭いの原因となるような成分はほとんど含まれていないからなのです。実際、汗をかいた直後、大量に吸ったアンダーウエアの臭いをかいでみれば分かりますが、ほとんど臭いはしません。

これはエクリン腺からの汗もアポクリン腺からの汗も同じことです。

では、なぜ汗が臭いのカギを握っているのかといえば、汗の水分などによって繁殖する細菌がいるからなのです。特にアポクリン腺からの汗の場合、上にも書きましたように最初から脂質やタンパク質などの栄養分が含まれています。

この栄養分によって繁殖する細菌にコリネバクテリウムというものがあり、この細菌が栄養分を分解する際に生じる分泌物が、ワキガの臭いの原因なのです。

実際、わきがの人は先天的にアポクリン腺の数が多くなっています。アポクリン腺の数が多ければ汗の分泌量が増え、コリネバクテリウムの栄養分が増え、繁殖しやすくなるからです。

そして、これも上に書きましたが、アポクリン腺はワキの下をはじめとする特定の部位にしか存在していません。

つまり、コリネバクテリウムの繁殖できる場所は限られており、結果として臭いが発生する場所も限定されているというわけです。

ワキの下から臭いが発生しているように見えてしまうのは、アポクリン腺の分布が偏っていることに起因しているのです。

わきがの治療は基本的にアポクリン腺からの汗対策

ただ、実際に医療機関で行われているわきがの治療は、アポクリン腺から分泌される汗を抑制することを主眼としています。そもそもワキガの人はアポクリン腺の数が多いため、コリネバクテリウムが繁殖しやすいのです。

アポクリン腺からの汗の量を抑えればコリネバクテリウムの繁殖が抑えられ、臭いを抑えることができるというわけです。

例えば、ボツリヌス菌から抽出されるボトックスという成分をワキの下に注射することで、汗の分泌量を抑えられます。効果は永続しませんが、軽度のわきがならば効果は十分です。

永続的な効果が望める方法としては、マイクロウエーブなどによってアポクリン腺を焼いてしまう方法や、手術によってアポクリン腺を除去してしまう方法があります。

特に重度のわきがの場合、医療保険が適用されるケースもありますので、調べてみるのもいいかもしれませんね。

ワキガは先天的な体質が原因で起きるもので、本人の生活習慣によるものではありません。ワキガの人は不潔なのではなく、単にそういう体質にすぎないのだということをしっかりと理解しておきましょう。

【注目記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!

【人気記事】私ってわきが?!簡単に見分けるセルフチェックの方法!