体を綺麗な泡で囲まれる女性

自分の体臭が臭っていたらどうしよう・・と気にしている人はたくさんいると思いますが、実際に体臭がしているのに自分ではまったく気づいていないという人もいます。

他人の強烈な体臭というものは、とても不快に感じるものなんですよね。職場などでよく言われる「スメルハラスメント」という言葉があるくらい臭いによってさまざまな影響が出てくるのです。

人間関係や仕事などが体臭が原因で上手くいかないということが現実に起こっているということが事実です。

人間ならば誰もがもっている体臭というものは、フェロモンともいわれていてとても大事なものでもありますから、体臭は嫌な臭いばかりではありません。しかし何かしらの原因が起きることで不快な臭いへと変わっていきます。

体臭を臭くしない対策をみつけていきましょう。

体臭の原因はなんだろうか?

体臭というのは自分で感じることはあっても、なかなか人に自分の体臭のことを教えてもらう機会というのは訪れません。

それは、いくら臭いがしても正直に人に「臭い・・」と言えないのが日本人なのです。言いづらいことなんですよね。そういうことならば、もしかして自分も嫌な臭いを放出させている可能性だってあります。

しっかりと対策をしていくためには体臭の源を知らなければなりません。

体臭の原因で多いとされているのが「加齢臭」です。年齢を重ねるごとに出てくる臭いですね。この臭いの原因は、人間は年をとっていくとノネナールという物質が増えてこれをもとに加齢臭が発生されます。

そして「汗」の臭いですね。汗の臭いは大きく分けると2種類あって酸っぱいような汗臭さと「わきが」があり、原因は汗を雑菌によって臭いが出ます。

そして「足」の臭いです。足の臭いの原因は雑菌が繁殖することで発生されます。

「頭」も臭うことがあるし「口臭」が気になることだってあります。

この二つも最終的には雑菌の繁殖が原因となることがほとんどです。加齢臭以外、多くの体臭の原因となるのは「雑菌の繁殖」だということになります。

体臭対策はまずは清潔に保つことを大前提にする

雑菌が原因ならば当たり前のことですが、体を清潔にするということは体臭をケアしていく中で大前提になってくることです。毎日の入浴は必ずしましょう。そして雑菌の原因となる皮脂、垢、汚れなどを洗い流しましょう。

皮膚には常在菌というものがいて、この菌は悪い臭いをなくしてくれる菌です。

この菌は、ゴシゴシと洗いすぎたりすると洗い流されてしまいます。常在菌がいなくなることで悪い雑菌は繁殖していってしまい体臭はひどくなってしまいます。

体は優しく洗うことを心がけましょう。入浴をすることで体を綺麗にすることだけではなくて1日の疲れを解消することができます。リラックスすることで乳酸などの悪いものをデトックスされることも体臭予防につながります。

体臭対策するならストレスをためないのが基本!

ストレスを溜め込まないことが体臭対策へとつながります。

ストレスを感じることで自律神経のバランスが崩れます。

自律神経のバランスが悪くなると汗の量が増える傾向にあります。

そして、その汗の中にはミネラルや乳酸などの本来の汗には混ざっていない物質が分泌されます。

その乳酸が入っている汗が雑菌や皮脂と混ざることで体臭をきつくします。

ストレスは唾液の分泌量を減らして口内を乾かして雑菌を繁殖させる原因になることもあります。ストレスを解消することや休養することが大切になります。

バランスの良い食生活で臭い予防

体臭は普段の食生活の影響します。

脂質や動物性たんぱく質のとりすぎは体臭をきつくする原因となります。あまり体にも良くなさそうですよね。食事はバランスを考えて、たんぱく質や油分をとりすぎないようにしていきましょう。

体臭対策なら汗への対策も重要

体臭には汗が関係していることも多いです。

汗の対策で簡単にできることは、汗をかいたら雑菌が繁殖しないうちにこまめに拭き取ることです。

その後に制汗剤などを使って、脇汗を抑えたり殺菌したりすると効果的です。間違った制汗剤の使い方は体臭をきつくしてしまうので正しく使用しましょう。

【注目記事】女性におすすめ!わきが・体臭&脇汗対策グッズを紹介

【人気記事】私ってわきが?!簡単に見分けるセルフチェックの方法!