野菜を食べる女性

どんなわきが対策をしてもなかなか臭いが治る気配もないという人は栄養不足が関係しているのかもしれません。

わきがの原因というのは汗腺なので体質なことなのですが、臭いの性質には生活習慣が大きく関わっています。

中でも食事は大きくわきがの症状に関係していきます。

わきがは体の外からのケアでデオドラントクリームなどを使うという方法がありますが、体の中からの対策方法もあるのです。わきがと栄養不足の関係についてお話していきます。

【注目記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!

わきがの臭いが抑えられない原因は?

何をしてもわきがの臭いが抑えられないときは、こんな理由がある場合があります。

ストレスがたまっている

  • 睡眠不足
  • 体調不良
  • 暴飲暴食
  • 過度な飲酒や喫煙
  • 栄養不足

これらは、全て内蔵の不調が当てはまります。

体に負担をかけていたり栄養不足になっている状態だったりすると腸内環境が悪くなってしまいわきがの臭いは悪化してしまいます。

ビタミンやミネラルが不足している栄養不足の状態だと内臓がうまく働かないので内臓の不調が起こりやすいのです。

毎日の生活習慣が積み重なって栄養不足になって、内臓の調子が悪くなって、体内で臭いの処理ができなくなって、汗に悪臭が混ざってしまい、わきがの臭いが悪化してしまうのでしょう。

わきがの臭いというのは生活習慣や栄養状態などが大きく関わっているので、臭いを抑えていく為には生活改善が必要になってくるんです。

体の外からだけではなくて、体の中から改善していかないとわきがの臭いを改善することはできません。なぜならば、わきがの臭いの原因となるのは汗です。

汗というのは体内から分泌されるので、外に出てからのケアだけではなくて中からのケアをしていかなければなんの解決にもならないのです。

内臓の不調を改善していくためには

内臓の不調は、わきがの臭いの悪化につながります。ならば内臓の調子をよくしていられる為にも、負担が出る生活習慣を改善していきましょう。

とはいっても、忙し毎日の中でなかなか生活習慣を改善していくということは難しいですよね。

そんなときは、酵素を意識してみましょう。酵素というのは内臓の代謝には絶対に必要なもので、栄養を体に取り入れたり内臓を復活させたりなどの働きの源になるものです。

酵素は野菜や果物、刺身などに多く含まれています。酵素のドリンクも発売されています。

体に負担がかかったりすることで酵素に対する栄養不足になってしまうと、内臓が十分に機能できなくなってしまうので、積極的に取り入れることが大切です。

わきが対策に良い栄養素

ビタミンの栄養不足はいけません!わきが対策にはビタミンがとても大切です。

例えば、ビタミンCは酸化を防ぐ抗酸化作用があります。わきがの臭い対策にはもってこいの栄養素なのです。

ビタミンEには抗酸化ビタミンという強力な抗酸化作用があります。ポリフェノールも酸化を防ぐ働きがあります。過酸化脂質を作られるのを防いでくれます。β-カロチンにも、強い抗酸化作用があります。

皮脂の酸化を防いでわきがの臭いを軽減させます。これらの栄養素は全てわきがの臭いに対して良い効果を発揮します。特に臭い対策には抗酸化作用は重要です。

栄養不足になってしまうと、これらの働きも体内からなくなってしまいます。

わきがに良くない食べ物

わきがに良い栄養素はわかりましたが、わきがによくない食生活もあるんです。

脂質たっぷりの油っぽいものや、肉類や乳製品などの動物性タンパク質の食べ物はわきがの臭いを強くしてしまいます。

刺激の強い辛い物や酸味のあるもの、糖分がたっぷりと含まれる甘いもの、匂いの強い食べ物などもわきがの臭いを悪化させてしまいます。

ビタミン不足もよくありませんが、わきがに良い影響のない食生活ばかりしているのもいけないのです。

【注目記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!

【人気記事】女性におすすめ!わきが・体臭&脇汗対策グッズを紹介