自分のわきの下に手を当てる女性

オドレミンというのはわきがや多汗症の人が使用する人気の高い制汗剤です。

さまざまなサイトや使用経験談などで口コミを目にすることはあるけれど、実際のところはどんなものなのでしょう。

オドレミンの人気の理由は成分に制汗力の高い塩化アルミニウムが含まれていることだと思います。

オドレミンの使用方法や効果や副作用についてお話ししていきます。

【注目記事】女性におすすめ!わきが・体臭&脇汗対策グッズを紹介

オドレミンとは?

オドレミンという名前を聞くのも初めての人もいるかもしれませんので、まずはオドレミンとは何なのか紹介します。

オドレミンは日邦薬品株式会社で作られている制汗剤です。オドレミンはビンに液体が入った状態でドラッグストアなどでも販売されています。

よくわきがの制汗剤などはネット通販のみとかがありますけれど、オドレミンは気軽に近所でも入手ができます。

もちろんネットでも買えます。オドレミンは塩化アルミニウムが含まれていて、汗腺に蓋をする働きがあることで汗を抑えることができます。

わきがの人も使用していますが、多汗症の人もたくさん愛用しているものです。

人によってオドレミンを使う体の部位は異なりますが、やはりわきがなどの対策で脇下の使用が多いようです。

オドレミンの効果と効能とは?

オドレミンは塩化アルミニウムが含まれていることから、収れん作用があります。

汗腺をふさいで汗を止める効果の高い制汗剤です。そしてオドレミンには殺菌効果もあるのでわきがにはとても効果的ですね。

わきがの対策には「脇汗を抑える制汗作用」と「雑菌を抑える殺菌作用」が必要になります。

オドレミンはこの二つの作用があるので、わきがには効果的な制汗剤であると思います。

オドレミンの使い方

オドレミンは液体の制汗剤です。正しい使い方をすることで効果をきちんと発揮することができます。

まずオドレミンを塗る前に肌を清潔にして十分に乾かしておきます。

オドレミンを使用するときはビンを振って中身をしっかりと混ぜ合わせます。

そして適量を手にとって気になる部位に塗り込みます。塗るときにしっかりと肌に馴染むように塗ると効果的です。

化粧水みたいなものですが、じゃばじゃば塗るのではなくて脇の下ならば一度に2.3滴で十分です。

効果の様子をみながら使用量を調節していきましょう。オドレミンの効果のあらわれかたいは個人差がありますので、自分にとって一番効果的な方法を見つけ出しましょう。

例えば、夜塗るのがいいのか、朝塗るのがいいのかなども人によって違います。

脇の下だったら左と右で違うタイミングでオドレミンを使ってみると差がわかりそうですよね。

オドレミンの副作用とは?

オドレミンはとても刺激の強いです。敏感肌や肌の弱い人は本格的な使用の前にパッチテストをしていきましょう。

オドレミンの副作用の原因は刺激の強い塩化アルミニウムです。

わきが対策でオドレミンを使ってトラブルが起きてしまったなどが現実にあるようです。

具体的な副作用は、痒み、かぶれ、湿疹です。脇の下は特に皮膚が荒れやすいのでオドレミンの使用には注意が必要ですね。

オドレミン使用上の注意点とは?

オドレミンの効果は1日から4日くらい続くといわれていて、個人差の幅が広いです。

オドレミンを使うタイミングは効果が薄くなったときにしましょう。使用頻度が高いと肌の影響も大きくなります。

それに塗る回数で効果の大きさは変わりません。オドレミンを肌に塗ってきちんと乾く前に洋服を着てしまうと、洋服にシミができてしまうことがあります。

そしてオドレミンの効果は持続することで高くなっていきます。

なので一番最初の初めての使用では、オドレミンを塗ってもするに汗をかいてしまう恐れがあります。

汗じみが目立つような服をきるのは、最初のほうは避けたほうがよさそうです。

【注目記事】女性におすすめ!わきが・体臭&脇汗対策グッズを紹介

【人気記事】わきがでシャツの黄ばみが気になる!黄ばむ原因と対策まとめ