失敗して落ち込む女性

わきがの症状によっては手術による治療を受けていたり、勧められたりしている人もいると思います。

わきがの臭いの悩みは、臭いを抑えるのではなくて治していくということになると治療や手術が必要になってきます。

ただし、手術や治療を受けたから絶対にわきがの臭いが消えるものなのかと言えば、そういうわけでもありません。

わきがの手術は臭いにアプローチすることは出来るけれど、可能性として手術の失敗や後遺症が出る場合もあるのです。

わきがの手術失敗と後遺症

わきがの手術が失敗した!後遺症が残ったなどの、手術経験者の声というのは以外と多いのです。

内容は臭いが消えない、臭いが悪化した、汗が増えた、などです。詳しく紹介していきます。

手術の傷跡

これは手術が失敗したわけでもないし、後遺症が残っているわけではありませんが、わきがの手術をすることで大きく傷跡が残ることがあります。

傷跡が残らないような手術の方法もありますが、重度のわきがの症状の人には向かない手術です。

大きく切開するような手術は術後に脇の下がつってしまう症状が起きたり、傷跡は必ず残ります。

手術をする医師の技術力によって目立つ傷や目立たない傷という差が出てくることもあると思います。

脇の下を大きく切開するこの手術はわきがへの効果が一番高い手術方法ですが、後遺症ではないけれど後に残る傷などがあるのです。

もっと最悪の場合は手術失敗で汗腺の取り残しがあれば臭いが消えることはありません。

臭いが消えない・強くなる

わきがの手術はわきがの原因となるアポクリン腺を除去するものです。この手術方法にはさまざな種類があります。

メスを使うものと使わないものがあります。メスを使う切開するような手術方法は直接アポクリン腺を目で見て除去していくので効果が高いです。

メスを使わない手術になると直接目で汗腺の確認をしないで除去していくのでアポクリン腺の取り残しが起こって、臭いが消えないこともあります。

手術をしたのに臭いが消えないという症状は起こる事が多々あります。これは手術失敗に近いものがあります。

わきがの手術は自分のわきがの度合いにも対応できるような効果のある手術方法を選んでいかないと手術失敗という悲劇を招いてしまう事があります。

臭いが強くなった、変わったなどの症状があらわれることもあります。こうなてしまうと、手術失敗したんだ・・と思ってしまいますよね。

脇毛が生えない

後遺症といってもいいのでしょうか。わきがの手術をすると脇毛が生えてこなくなる場合があります。

これは女性にとっては嬉しいことだと思いますが、男性にとっては気になる人もいるのかもしれません。

汗腺と取り除く事で毛根も取り除いてしまうので脇毛が生えてこなくなるのです。

わきがというのは脇毛があることで臭いが悪化してしまうことがあるので後遺症というよりは良いことなのではないかという感じもします。

汗の量が増える

わきがの手術の後遺症として多いのが汗の量が増えるという症状です。

わきがの手術はわきがの原因となるアポクリン腺だけではなくて、自然的に普通の汗腺のエクリン腺も除去されます。

そのことで脇汗の量は減るのです。

脇汗の量が減るというと、ラッキーな気もしますが脇汗の量が減るということは、本来脇から発汗されるはずの汗は他の部分から発汗されるようになります。

これは代償性発汗と呼ばれます。これはちょっとした後遺症になるのでしょうか。

手術失敗というものではないのです。手術をすることによって他の部位の汗の量が増えます。

臭いというのはデオドラント用品で防ぐこともできますが、汗の量が多い多汗症はなかなか抑えることは難しいのです。

わきがの手術はよく考えてから

わきがの手術による手術失敗や後遺症というのは、必ず起こるものではないかもしれませんが、絶対起きないものではないのです。

手術を決めるときはよく考えることが必要です。

【注目記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!

【人気記事】わきがは外出時に注意!こっそりできる6つの予防法とは?