書類を手に持ち何かを確認する医師

わきが治療には保険適応と自由診療があります。

どうせわきが治療を受けるなら低費用な保険適応で受けたい…と思いがちですが、保険適応のわきが治療には意外にもデメリットが数多く存在します。

今回はわきが治療の保険適応と自由診療の違いや保険適応のデメリットについて説明します。

【注目記事】≪体験談≫女性におすすめ!わきが・体臭&脇汗対策グッズを紹介

わきが治療でも重要!保険適用と自由診療の違い

わきが治療を受ける上で非常に重要なってくるのが、保険適用になるか自由診療になるのか?という点です。

保険適用と自由診療の最大の違いはやはり手術費用です。

わきが治療で一般的な煎除法は自由診療で行うと費20~30万ですが、保険適用では両脇合わせても5万円と低費用で治療を受けることができます。

しかし、保険適用で行っているわきが治療は煎除法がほとんどで新しい手術法などは保険適応外にあたります。

その点、自由診療ではレーザー治療やミスドライ、吸引法など個人に合わせた新しい手術法を自由に選択することができます。

また、保険適用でわきが治療を受ける場合、治療に使われる薬品や医療器材なども特定されている場合が多いです。

アフターケアや保証についても行っていない可能性があります。

保険適用は手術費用が大幅に抑えられる分、保証や手術法など様々な点で限定される特徴があります。

保険適用でわきが治療を受ける方法とは?

治療費を計算する医師

保険て起用でわきが治療を受けるためには、個人が保険適用するレベルの患者であることを医師に認められることが条件になります。

保険適用のレベルというのは日常生活に支障をきたすほどか否かの判断がほとんどですが、判断基準は医師・病院によって異なります。

そのため「ある病院では保険適応外だったが、他の病院では保険適用内だった」というケースもあります。

また、わきが治療の保険診療はどこの病院でも行っているわけではありません。

実際、保険適用でのわきが治療は採算が合わないことが多く行っていない病院がほとんどのようです。

わきが治療を保険適用で受けるための方法!

  • 保険適応のわきが治療を行う病院を探す。
  • 自分のわきがレベルを医師に認めてもらう。

この二つを抑えるようにしましょう。

保険適用でのデメリット

費用を大幅に抑えられる保険適用のわきが治療は魅力的ですが、デメリットも多く存在します。

手術法が限定される

前述したように保険適用では剪除法という手術法に限定されます。剪除法はわきが治療の中で最も傷が大きく残りやすい手術法です。

また、ダウンタイムという手術後の回復期も長く、一週間ほどの安静期間を絶対とします。仕事によっては休みを取る必要があります。

最新技術や機材は使えない可能性も・・・

病院指定の医療器材・薬品であることが多いために、最新技術や機材で手術を受けられない可能性があります。

医療設備が整っていないとリスクが高くなってしまいます。

結果的に費用が高くなるかも…

アフターケアや保証は別料金の場合もあります。事前に聞いておかないと結果的に費用が高くなってしまう可能性もあります。

リスクを避けて自由診療を選ぶのもアリ

一見、魅力的な保険適応のわきが治療ですが、このようなデメリットから自由診療を選択する方も多いです。

自由診療では痛みも傷跡も小さくする最新技術で手術を受けることができます。

自由診療の場合は、どんどん進化する多様な手術法、それにより費用や特徴も様々なため選択肢がぐっと広がります。

手術を受ける病院も限定されないために、信頼できる病院で高技術な医療が受けられる可能性が高いです。

手術費用は多少かかるとしても、納得できる医療技術でリスクを避けられる自由診療を選択するのもアリでしょう。

わきが治療を受ける前によく考える

保険適用のわきが治療のデメリットについてばかりをまとめましたが、もちろん「絶対におすすめできない!」というわけではありません。

ただ、わきが治療は個人の将来にかかわる重要な決断です。

安易に保険適用を選択するのではなくデメリットやリスクも頭にとどめておく必要があります。

治療を受ける前によく考え、納得できる方法を選ぶのがベストでしょう。

【注目記事】≪体験談≫女性におすすめ!わきが・体臭&脇汗対策グッズを紹介

【人気記事】わきが対策まとめ7選!脇の下を鉄壁ガード!